代表よりご挨拶

「美しく伝える」

株式会社高山は、小さな印刷会社です。

1946年、戦後間もなく東京は神田で商売を始めました。

界隈に建物はまばらで、かろうじて残っていた所へ通いました。

訪ねていった先は官庁でした。

何度も通っているうちに、門扉の横にある守衛所におられた方が声をかけてくださり、

「中に入って用度係りに行ってみなさい」と、教えてくれたそうです。

「印刷ができます」とだけ言うのが精一杯。

ところが、お一人が席から立ち上がり、「明日までにできるか」と手書きの原稿を手に

目の前に立ってくれました。

夜を徹して仕上げました。ガリ版刷りです。朝一番に風呂敷に包み、お届けしました。

うれしくてうれしくて、役所の廊下を走り出しそうになったそうです。

毎日毎日納めては、次の仕事を頂けました。

私が父から幾度となく聞かせてもらった、大切な思い出と感謝が込められた創業時の話です。

それから今日まで、印刷会社の看板を掲げて参りました。

戦後の印刷屋は相当に幸せでした。仕事はいつも、あるものでした。

昭和、平成、そして令和。

高度成長が終わりを告げると、印刷会社も無論のこと、テクノロジーの進歩とマーケットの変化に否応もなく取り込まれました。

この先も会社を継続させるために、もはや紙にインキをのせるだけでは生き残ることはできず、他に何をしていくのかを考える時代になりました。

社員は全員、当たり前に「印刷会社」に勤めたと思っています。

私はこのままでは立ち行かなくなる、その時に入社しました。

印刷の事については、全社員が先輩。私が一番後ろについている新入りです。

覚悟を決めて来たとはいえ、右往左往の日々でした。

それから15年。いろいろな事があり、次から次に困難に遭遇しました。

天を仰ぎ、途方に暮れる。そして、暮れてばかりではいられない。

繰り返しそう思いつつ、今日に至ります。

弊社の会社案内は、100ページ。重くて邪魔になりそうで、お渡しする時に申し訳ない気持ちになります。それでも製作しました。

誠に恐縮ながら、これは弊社グループで働き続けてくれる社員とその家族の方々に、

日々の活躍を伝えたいというささやかな願いがあるからでした。

その上で、お渡しが叶うお客様には、ありのままの弊社をお伝えできると考えました。

2020年、明けて間もなくから新型の感染症が拡がり、瞬く間に世界中の経済活動が大きく制限され、人々の日常が変容してしまいました。

そのような状況の下で、弊社内では未来に向かうためのチャレンジが一気に始動しました。

数ある印刷会社の中から弊社をお選び頂ける幸運を願い、本分である印刷の仕事はもとより身の丈に合ったSDGsに関われるよう、

従前からの野菜生産·食品販売·紙製品製造販売に続き、WEB事業の展開を目指し精進して参ります。

 

結ぶにあたり

「美しく伝える」

この言葉にはお納めするすべてに、心をこめて努めて参りたいとの思いがございます。

商売繁盛の神様のおひざもと、神田明神下の株式会社高山は、

御社益々のご発展を社員一同と共に、一心にお祈り申し上げます。

つたないメッセージを最後まで読み進めて頂き、本当にありがとうございました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 令和4年 1月 吉日
  •  
  • 株式会社 高山
  •  
  • 高山 薫